コンテンツメニュー
分譲住宅
五色のこだわり
  • WEBチラシ
  • WEBチラシ
  • WEBチラシ
  • 会社ポリシー
  • 会社概要
  • 会社沿革

施工の流れ

夢の暮らしを思い描いている方へ
家ができてからでは分からない、でも安心できる家づくりには欠かせない五色建設の技術を、施工の流れに沿ってご紹介いたします。

1.地盤調査

五色建設では、重要な要素の一つである「地盤」を知るために、二つの方法をご提案しております。

①スウェーデン式サウンディング試験

一般的に広く行われている調査方法です。
建物が建つ予定の角4点と中心部1点の計5点に直接試験棒を差すことにより、地盤の形状を判別する方法です。

詳しくは「ジャパンホームシールド株式会社」
のホームページをご覧ください。

詳しく見る

②表面波探査試験

一般的に広く行われている調査方法です。
建物が建つ予定の角4点と中心部1点の計5点に直接試験棒を差すことにより、地盤の形状を判別する方法です。

詳しくは「ビイック株式会社」
のホームページをご覧ください。

詳しく見る
スウェーデン式サウンディング試験

2.ベタ基礎

五色建設では、より丈夫な基礎を築くために、上部構造と等しい床面積を持つ基礎スラブによって、建物の荷重を地盤に伝えるベタ基礎工法を採用しています。
ベタ基礎の基礎スラブは二重配筋にし、150mm厚のコンクリート打ちで、更に強度を高めるために、地盤からの布の高さを、一般住宅では24cmのところを、五色建設は35cmを標準としてます。

配筋状況
ベタ基礎状況

3.基礎パッキン

湿気問題に対し、従来からある工法では床下換気口工法がありますが、換気の面では換気口から換気口へと一方向の空気の流れしかなく、コーナー部分では大変湿気がこもりやすい状態を生んでいます。
また、換気口を設けるためには上端部を切断するため、基礎体力を弱める原因にもつながります。
更に、土台がコンクリートに接すると腐りやすくなり、シロアリの餌食にもなりやすく、構造において致命的な結果につながってしまいます。 五色建設は、このような問題を解決し、快適な床下環境を作り出すために、基礎パッキン工法を採用しています。

基礎パッキン設置状況
基礎パッキン設置状況

4.構造

柱と梁とホゾ組で揺れを吸収する日本古来の「木造軸組工法」に、最新の耐震テクノロジーをプラス。
五色建設では、鉄筋を十二分に配したベタ基礎で不同沈下や液状化に対抗し、土台と基礎もアンカーボルトでしっかり緊結、接合部は各種プレートや金具の補強によって躯体強度をより高めています。
更に土台と通し柱を緊結し引抜きを防ぐホールダウン金具や横のひずみに対抗する筋交い・火打ち土台・火打ち梁など、あらゆる面から耐震への備えを施しています。

ホールダウン金具・プレート等
各種アンカー・火打ち梁等

5.構造材(柱)

五色建設では、柱は「集成材」と
「緑の柱」をご提案しております。

詳細は「ハウスガードシステム」
のホームページをご覧ください。

詳しく見る
【集成材】
一般の材木に比べて狂いにくく、割れにくく、加工精度が良いなどの優れた特質を備えており、強度に関しては天然木に対して1.5倍以上の強度性能を実現しています。
それは、含水率15%以下に乾燥されていることと、一定の管理のもとに工場で造られるので、仕上げの精度が極めて高いからです。また、断面の大きい集成材は、防火性能が高いです。理由としては、木材は燃えますが、断面が大きくなると表面は焦げて炭化層ができ、酸素の供給が絶たれ燃えにくくなるからです。
建築基準条例でも集成材の防火性能は認められてます。
緑の柱(1F)
集成材(2F)

6.剛床工法

1階、2階の床に構造用合板24mmを使用し、梁と床面を固定し一体化させた「剛床工法」を採用しました。
建物にかかる外力による「ねじれ」や 「ゆがみ」がほとんどなく、地震や台風時の横からの外力に対して有効に働きます。
また、耐火性能も向上し、遮音性も優れています。

剛床工法
施工例

1.地盤調査

五色建設では等級4の断熱施工を標準としてご提案しております。
施工方法もグラスウール、断熱ボード、ウレタン吹付断熱、外張り断熱と、お客様のご要望に応じてご提案させていただきます。

外張り断熱は「旭化成」のホームページを
ご覧ください。

詳しく見る
吹付ウレタン断熱材については『フォームライト』ページをご覧ください。 フォームライト
フォームライト

8.外観(デザイン)

五色建設では従来のモルタル左官施工に吹付塗装をする仕上げに加え、二種類の外壁材で外壁のご提案をしております。
(写真をクリックすると拡大表示します)

ACLパネルプラン

ALC(軽量気泡コンクリート)で出来た37mm厚のパネルを外壁材として施工します。
無地のパネルとデザインパネルを組み合わせ、吹付塗装で仕上げております。

ALCパネルプランの写真01
ALCパネルプランの写真02
ALCパネルプランの写真03

サイディングプラン

全面に窯業系サイディングを施工しております。タイル調や塗り壁調のデザインパネルを組み合わせて仕上げております。

サイディングプランの写真

大壁工法(サイディング使用)

下地パネルを施工し、その上からタイル施工や塗装をする工法です。パネル仕上げでは出せない質感をご提案いたします。

大壁工法(サイディング使用)の写真

9.内観デザイン

標準のプランを基本に、お客様のご希望を形にするようスタッフ一同、取り組んでおります。
(写真をクリックすると拡大表示します)

内観デザインの写真01
内観デザインの写真02
内観デザインの写真03
内観デザインの写真04

各種お問い合せ

お問い合わせや、ご依頼についてあらためて当社担当よりご連絡いたします。スタッフ一同、お待ちしております。

弊社へのお問い合せがある方

物件情報などの資料請求

ページトップへ